有用性及び活用法

デジタコを導入した経緯

私の職場でも車両にのる際にはタコメーターというものが備え付けられており、必ず運行後は提出義務があり、場合によっては運行上の注意を受けることがあった。タコメーターとは、いわゆる車両運行の記録なので、どれくらいのスピードを出して運転していたとか、何時間運行していた等が一目でわかるようになっている。この導入による雇用側のメリットは高く、長期にみれば事故防止等にもつながっていると言える。そんな中、私の職場にもタコメーターに代わり、デジタコが導入された。基本的な使用法は変わらないのだが、デジタルになった分、管理も容易になり、改ざん等の悪質な行為もできなくなった。今ではほとんどの会社がデジタコに切り替わっているだろう。

その有用性及び活用法

デジタコになったことにより、運行する側とすれば、ますます監視されている感覚に陥ってしまうが、雇用側のメリットはますます高まり、長期的な展望に立つと雇用されている側にもメリットはあるといえそうだ。デジタルによりすべての記録の管理が容易になり、分析・検討が従来よりもさらに行うことができる。運行者ごとの管理による、その運行者の癖などを早期に発見・改善することは、業務の効率の向上や事故防止につながるだろう。また、急発進や急加速の有無を調べ、燃料の効果的な使用法を教育することにより、注意喚起する材料にもなり、経費の削減にもつなげることができる。運行する側もデータにより注意を目で確認できると納得も容易なため、デジタコの導入はますます増えるであろう。